トップページ > わらしべ舎の事業案内

わらしべ舎の事業案内


 

仕事・日中活動の場/多機能型事業所

就労継続支援B型事業
働くことを通して、マナー・持続力・協力
生きがいを学び、就労支援を行っていきます。
生活介護事業
作業や活動を通して、社会貢献・生きがいづくり
余暇の充実に取り組んでいきます。
<カレー班>
IMG_4228

  • レトルトカレー製造・販売
  • カレーショップ「桜蔵」営業
  • 移動販売車出店
<エコ班>

  • 地域環境美化活動(沼の浄化)
  • EM製品づくり(発酵液、だんご等)
  • 工芸品作り(サッサドール、コースター等)
  • BDF(バイオディーゼル燃料)製造
<石けん班>
IMG_4152

  • 無添加粉石けん製造・販売
  • 廃油回収

暮らしの場/共同生活援助事業

障害があっても、支援を受けながら自立生活を営む場所です。
4名~5名の少人数で暮らし、世話人が必要な支援を行っています。

<ハーモニー人来田>

  • 共同生活援助
  • 定員:4名
<ハーモニー金剛沢>

  • 共同生活援助
  • 定員:4名

わらしべ舎の理念

  1. 一、「一人ひとりの個性と自己決定の尊重」
  2. 一、「一人ひとりの健康でゆとりある生活の実現」
  3. 一、「一人ひとりの社会参加と自立の促進」
経営主体 社会福祉法人 わらしべ舎
住所 宮城県仙台市太白区西多賀三丁目1-25
理事長 中村 晴美(なかむら さえみ)
施設 多機能型事業所 わらしべ舎西多賀工房
開設年月日 平成14年4月1日

        中村さん切り取り理事長 中村 晴美

わらしべ舎のあゆみ

出来事
1990 わらしべ舎設立のため第一回準備会開催(7月)
わらしべ舎開所式。仙台市青葉区川平のアパートにて、作業所スタート(12月)
1991 わらしべ舎後援会設立(1月)
みやぎ生協で石けん販売スタート(11月)
1992 第一回入舎式(利用者2名)(4月)
1994 青葉区中山に仙台市有地を借用し、プレハブの舎屋を建設し、移転(8月)
1997 「わらしべ石けん」がみやぎものづくり大賞奨励賞受賞(12月)
2001 社会福祉法人取得(7月)
太白区西多賀に、仙台市有地の提供を受け、わらしべ舎西多賀工房建設着工
2002 わらしべ舎西多賀工房落成式・入舎式(利用者30名)(4月)
カレーショップ「桜蔵」オープン(7月)
2003 レトルトチキンカレー(スパイシー・マイルド)製造・販売開始
2004 自立体験ステイモデル事業として「なかまの家」開始
アビリンピック(喫茶サービス事業部門)にて、利用者が最優秀賞受賞
2006 利用者1名 施設内就労(給食厨房)開始
牛たんカレー製造・販売開始
天沼にEM活性液を投入し、水質浄化活動開始
ケアホーム「ハーモニー人来田」開所
2007 利用者1名 「レオック東北」に給食調理業務として、就労
2008 利用者2名 「びすたーり」と「新陽ランドリー」に就労
県・市からの補助金の助成を受け、カレー厨房増改築、回転式圧力釜及び大型冷蔵庫、BDF(バイオディーゼル燃料)工房増設
カレー移動販売車・BDF製造装置寄贈
ケアホーム「ハーモニー緑ヶ丘」開設
2009 カレー移動販売車による楽天・宮城教育大学の販売開始
BDFを送迎バスに使用開始
2010 障害者自立支援法の多機能型施設(就労継続支援B型事業・生活介護事業)として、移行

ページのTOPへ